自然にまぶたを持ち上げ、
健康的な印象を与える
眼瞼下垂

RECOMMENDこのような方におすすめ

  • 眠そうな印象を与えてしまっている
  • 上まぶたが垂れ下がってしまう
  • 目つきが悪いと言われる
  • 上まぶたが重たく感じる
  • 目の開きが悪く、頭痛や肩こりを感じる
  • 目を開くとき眉や額も上げるくせがある

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、上まぶたを上げる眼瞼挙筋がうまく動かず、目の開きが悪い、または弱い状態のことです。
目を開いた状態では、黒目が7割以上見えるのが標準的ですが、眼瞼下垂の場合は、黒目が7割以下の症状が進むと、5割程度しか見えなくなる事もあります。そのため、目が小さく見えたり、「眠そう」、「疲れて見える」などの印象を持たれがちです。
眼瞼下垂は、加齢とともに症状が起こります。その他にも、先天的な原因や、ハードコンタクトレンズの長年使用や、目をこする癖があったり等で症状が進みやすくなります。
眼瞼下垂が生じると、額の筋肉で目の開きを補おうとするため、額のしわが増えてきます。さらには、肩こりや頭痛、眼精疲労等の症状も引き起こす原因となるので、早めの治療が必要です。
二重の方はラインに沿って、また一重の方はまつ毛の上2mmほどを切開し、その後、挙筋を縫い縮め、まぶたを引き上げる力を強くするため、パッチリとした目元になることができます。

保険適用の眼瞼下垂との違い

眼瞼下垂は、保険適用で治療を行うこともあります。
しかし、保険適用の場合はまぶたが開きにくいなどの日常生活に支障のある症状を改善する治療のため、ご希望通りの目元にすることは難しいことも多いです。 また、診察をお受けいただいた上で、医師の診察によって保険適応外になることもあります。

当院での眼瞼下垂治療は保険適用外ですが、目元の状態とお顔のバランスから、美容的観点を含めより美しい目元になるように治療を行います。

眼瞼下垂の特徴

  • Point.1
    デザイン性に配慮し、
    より美しく仕上げることができる
  • Point.2
    頭痛や肩こり、
    眼精疲労も改善する
  • Point.3
    静脈麻酔で
    治療中の痛みの心配なし

Point. 1デザイン性に配慮し、より美しく仕上げることができる

当院では、美容医療のエキスパートが診察・治療を担当し、症状の改善とともに美的な観点をふまえたデザインで治療を行うことが可能です。視界の快適さと、魅力的な目元の両方を叶えることができます。

Point. 2頭痛や肩こり、眼精疲労も改善する

眼瞼下垂の方は額の筋肉で目の開きを補おうとするため、肩こりや、頭痛、眼精疲労などのお悩みを抱えている方も多くいらっしゃいます。
眼瞼下垂を改善することで、肩こりや、頭痛、眼精疲労も同時に改善されます。

Point. 3静脈麻酔で治療中の痛みの心配なし

静脈麻酔を使用して治療を行う為、痛みにご不安がある方でも受けていただける治療です。

料金

眼瞼下垂 1回 ¥440,000(税抜:¥400,000)
静脈麻酔 1回 ¥55,000(税抜:¥50,000)

施術の流れ

  • カウンセリング

    医師がカウンセリングで目元の状態を確認し、お悩みに合わせた治療をご提案させていただきます。
    不安や疑問点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

  • 施術

    洗顔後に、医師によるデザイン・マーキングを行い、消毒・麻酔を行い治療になります。

  • 施術後

    施術後はすぐにご帰宅いただけます。
    ※ご気分が優れない場合は、お休みいただくことも可能です。

施術詳細

処置時間 約60分
メイク・洗顔 洗顔は48時間後から可能です。
メイクは抜糸(治療後7日目)の翌日から可能です。
入浴・シャワー シャワーは首から下のみ当日から可能です。
入浴は、抜糸後より可能(抜糸は治療後7日で行います)
施術後の経過 治療後3日目をピークに腫れや内出血を伴いますが、1~2週間で治まっていきます。
内出血は、抜糸翌日からメイクでカバーいただけます。
副作用・リスク 縫合部の赤み、ひきつれ、硬さ等の症状が見られることがあります。

よくあるご質問

  • Qダウンタイムは、何日ぐらい続きますか?
    A腫れや内出血は3日目がピークです。
    大きな腫れは1~2週間で落ち着き、内出血は1週間程で黄色に代わってくるため、縫合部の跡と一緒に抜糸の翌日からメイクでカバーできます。
  • Qコンタクトレンズはいつから使用できますか?
    A抜糸の翌日からご使用いただけます。

contactご予約・お問い合わせ