目の下のクマやたるみを取り、
今よりも若々しい印象を与える
クマとり裏(経結膜脱脂)・
クマとり表(経結膜脱脂+余剰皮膚切除)

RECOMMENDこのような方におすすめ

  • クマが気になる
  • 目の下のたるみや膨らみが気になる
  • ダウンタイムが長い治療には抵抗がある方
  • お肌の表面には傷をつけたくない
  • 疲れた印象を無くしたい

クマとり裏(経結膜脱脂)
・クマとり表(経結膜脱脂+余剰皮膚切除)とは

経結膜はまぶたの裏のことを指し、脱脂をすることで加齢とともに増える「目の下のたるみ」や、「目の下のクマ」を改善する為の治療です。
目の下のたるみやクマは眼球下にある眼窩脂肪がはみ出すことで起こる下まぶたの膨らみが原因です。
当院のクマとり(経結膜脱脂法)では、この眼窩脂肪を下瞼の裏から脱脂をして改善する治療と、脱脂のみでは改善できない下瞼のしわの原因になる余剰皮膚を切除する治療の組み合わせで行う2つのタイプから、患者さまのご希望や目の状態を観察し、最適な治療法をご提供させて頂いています。

クマとり裏(経結膜脱脂)の場合は完全に下瞼の裏側から治療を行う為皮膚表面に傷跡が残らず、表(余剰皮膚切除)の場合は裏からの脱脂の後に可能な限り傷跡が残らないように下まぶたに沿って余ってしまう皮膚を丁寧に切開して傷を縫い合わせます。
治療後3日目をピークに内出血や腫れを生じますが、裏からの方法は当日からお化粧して頂け、表の方法は1週間目の抜糸の翌日からお化粧して頂けます。

患者さまのお悩みに合わせた
2種類の治療法

クマとり裏(経結膜脱脂法)

目の下のクマ・たるみの原因となる眼窩脂肪をまぶたの裏側から取り出す治療です。目の下の内側・中央・外側の3つの部位からバランスよく取り出します。下まぶたの裏(結膜)から治療を行うため、顔に見える傷をつくることがない治療です。また、レーザーメスでの治療の為出血も最小限で、治療直後からお化粧可能です。年齢性別にかかわらず体質・加齢に伴い目の下のふくらみのよるクマが目立つかたにおすすめの治療です。

クマとり表
(経結膜脱脂法+余剰皮膚切除)

目の下のクマ・たるみの原因となる眼窩脂肪をまぶたの裏側から取り出す治療です。目の下の内側・中央・外側の3つの部位からバランスよく取り出します。その後、しわやたるみの原因になる余った皮膚を目の際ギリギリで切除し、より若々しいお目元に仕上げます。脱脂は瞼の裏側から行い、余剰皮膚は切開と縫合をするため7日後に抜糸をします。抜糸の翌日からメイクでカバー頂け、縫合部も目の際なので目立ちにくいのが特徴です。

クマとり裏(経結膜脱脂)・
クマとり表(経結膜脱脂+余剰皮膚切除)は、
他の治療と組み合わせることで、
さらに若返りの効果がアップし、
持続性も長くなります。

クマとり裏(経結膜脱脂)
・クマとり表(経結膜脱脂+余剰皮膚切除)
+脂肪注入法

クマとり裏(経結膜脱脂)・クマとり表(経結膜脱脂+余剰皮膚切除)と、脂肪注入法を組み合わせることで、目の下の膨らみを改善するとともに、明るく健康的な目元に近づけることができます。
また、目の下に脂肪を注入する為、目の下に若々しいハリが戻ります。さらにクマが目立ちにくくなります。
※適応の注入治療は医師とご相談ください。

脂肪注入法について

クマとり裏(経結膜脱脂)
・クマとり表(経結膜脱脂+余剰皮膚切除)
+プレミアムPRP注入

クマ取り(経結膜脱脂)裏・表の治療と同時に目の下のくぼみやコケにプレミアムPRPを注入し、徐々に若々しい印象に仕上げる治療です。注入後3~6か月時間をかけて膨らむため、自然に印象を変えたい方や脂肪注入法よりできるだけダウンタイムの少ない治療をご希望の方におススメです。ヒアルロン酸に比べ持続性も3年~最長5年と長く、人気の治療です。
※適応の注入治療は医師とご相談ください。

プレミアムPRP注入について

クマとり裏(経結膜脱脂)
・クマとり表(経結膜脱脂+余剰皮膚切除)の特徴

  • Point.1
    目元が明るくなり、
    若々しい印象が与えられる
  • Point.2
    ダウンタイムが短く、
    手術跡が目立ちにくいため、
    バレにくい
  • Point.3
    治療中の痛みのご不安無し

Point. 1目元が明るくなり、若々しい印象が与えられる

目の下のクマやたるみがあることで、老けて見えることや、疲れた印象を与えてしまいます。
目の下の余分な脂肪を取り除く事で、目元が明るくなり、若々しい印象を与えることができます。20代の方から50代以上の方まで、幅広いご年齢の方に人気の治療です。

Point. 2ダウンタイムが短く、手術跡が目立ちにくいため、バレにくい

クマとり裏(経結膜脱脂)は、お肌の表面を切開することはございませんし、クマとり(経結膜脱脂法)表は、可能な限り傷跡が残らないように下まぶたに沿って切り、丁寧に傷を縫い合わせます。そのため、手術跡が目立ちにくいため、治療を行ったことがバレにくいです。

Point. 3治療中の痛みのご不安無し

当院では基本的に静脈麻酔での治療です。
治療中は痛みや緊張など無くリラックスしてお受けいただけ、術後はすぐに起き上がれるため、治療部位もご確認いただきご帰宅いただけます。

症例写真

30代男性

治療前
治療後3ヶ月と1週間
  • 施術名
    クマとり裏(経結膜脱脂)
  • 治療内容
    目の下のクマ・たるみの原因となる眼窩脂肪をまぶたの裏側から取り出す治療です。目の下の内側・中央・外側の3つの部位からバランスよく取り出すため、より若々しい印象の目元にすることができます。治療後のダウンタイムも少なく、手術跡も目立ちにくいです。
  • 料金
    通常:¥220,000(税込)
    静脈麻酔:¥55,000円(税込)
    ※モニター価格は医師によって異なるため、詳しくはお問い合わせください。
  • リスク・副作用
    むくみ、腫れ、内出血などが発生しますが、時間とともに治ります。

20代女性

  • 施術名
    クマとり裏(経結膜脱脂)
  • 治療内容
    治療法目の下のクマ・たるみの原因となる眼窩脂肪をまぶたの裏側から取り出す治療です。目の下の内側・中央・外側の3つの部位からバランスよく取り出すため、より若々しい印象の目元にすることができます。治療後のダウンタイムも少なく、手術跡も目立ちにくいです。
  • 料金
    通常:¥220,000(税込)
    静脈麻酔:¥55,000円(税込)
    ※モニター価格は医師によって異なるため、詳しくはお問い合わせください。
  • リスク・副作用
    むくみ、腫れ、内出血などが発生しますが、時間とともに治ります。

40代女性

  • 施術名
    眉下切開+クマとり表(経結膜脱脂+余剰皮膚切除)
  • 治療内容
    クマとり表(経結膜脱脂+余剰皮膚切除)と、脂肪注入法を組み合わせることで、目の下の膨らみを改善するとともに、明るく健康的な目元に近づけることができます。また、目の下に脂肪を注入する為、若々しいハリが戻ります。
  • 料金
    通常:¥814,000(税込)
    静脈麻酔:¥55,000円(税込)
    ※モニター価格は医師によって異なるため、詳しくはお問い合わせください。
  • リスク・副作用
    むくみ、腫れ、内出血などが発生しますが、時間とともに治ります。

料金

クマとり裏
(経結膜脱脂)
1回 ¥220,000(税抜:¥200,000)
クマとり表
(経結膜脱脂+余剰皮膚切除)
1回 ¥308,000(税抜:¥280,000)
静脈麻酔 - ¥55,000(税抜:¥50,000)

施術の流れ

  • カウンセリング

    医師がカウンセリングで目元の状態を確認し、お悩みに合わせた治療をご提案させていただきます。
    不安や疑問点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

  • 施術

    洗顔後に、医師によるデザイン・マーキングを行い、消毒・麻酔を行い治療になります。

  • 施術後

    施術後はすぐにご帰宅いただけます。
    ※ご気分が優れない場合は、お休みいただくことも可能です。

施術後詳細

クマとり裏(経結膜脱脂) クマとり表(経結膜脱脂+余剰皮膚切除)
メイク 治療後当日より可能です 抜糸の翌日から可能です。
洗顔 治療後48時間後から可能です。
入浴・シャワー シャワーは当日より可能です。
入浴は7日後から可能です。
首から下のシャワーは当日より可能です。
入浴は抜糸翌日より可能です。
経過 治療後3日目をピークに腫れや内出血が生じます。 治療後3日目をピークに腫れや内出血が生じます。
縫合部の赤みは3~6ヶ月で馴染んできます。
副作用・リスク 腫れ、むくみ、内出血、違和感等 腫れ、むくみ、内出血、違和感、縫合部の一時的な赤み、ひきつれ、硬さ

よくあるご質問

  • Qダウンタイムはありますか?また、腫れますか?
    A治療後3日目をピークに腫れや内出血が生じますが、通常3~7日程度で、目立ちにくくなります。
    余剰皮膚切除を受けられた場合、傷跡の赤み等は抜き糸翌日からメイクでカバーいただけます。内出血が出た場合はコンシーラーなどでカバーできます。
  • Q傷は残りますか?
    Aクマとり裏(経結膜脱脂)の場合は皮膚表面に傷跡が残らず、クマとり(経結膜脱脂法)表の場合は可能な限り傷跡が目立ちにくいよう下まぶたの際を切開縫合していきます。術後3~6ヶ月かけて馴染み、ほぼ目立たなくなります。
    丁寧に傷を縫い合わせます。そのため、手術跡はほぼ目立たなくなります。
  • Q通院する必要はありますか?
    A余剰皮膚切除のみ、7日目に抜糸来院の必要があります。また、経過にご不安があればいつでも診察はお受けいただけます。
  • Q20代でも治療を受けて大丈夫ですか?
    Aもちろん、問題ございません。最近ですとスマートフォンやPCを長時間利用されることによる眼精疲労が原因で、20~30代の方のご相談も増えています。また、若い時に治療を行うことで、将来クマができにくくなるなどのアンチエイジングとしての効果も期待できます。

contactご予約・お問い合わせ