シミ・肝斑・そばかす治療

顔の印象を老けさせる“シミ”。ひとくちに“シミ”といっても種類はさまざまです。
シミはご自身では判断しにくいだけではなく、複数のシミが混在している場合も多くあります。
誤った治療をすることで悪化する場合もあるため、原因や種類を正しく把握し、適切なシミ治療を行うことが大切です。

塗らない・貼らない シミ治療

当院には日々、多くの患者様が“シミ”のお悩みを相談しにご来院されます。できてしまったシミを取るための相談だけではなく、治療をした箇所のアフターケアが上手くできずにシミが再発した・悪化した、という相談も多くあります。
当院では、そのようなお悩みに向き合い、治療後のアフターケアが不安な方や忙しい方にも受けていただけるよう、従来のシミ治療後に必要な軟膏やテープの塗布が不要なシミ治療を行っております。また、治療後すぐにメイクをしていただけるので、周りにバレたくない方にも安心して受けていただけます。

シミの種類と治療法TREATMENT

  • 肝斑(かんぱん)

    額・頬・鼻などに多く見られ、左右対称にできるシミです。後天性で30代以降に発症します。紫外線や女性ホルモンの乱れが強く関係しているといわれていますが、はっきりとした原因は不明です。
    当院では、ピコレーザーによるレーザートーニングをおすすめしております。また、身体の内側からも対策していただけるよう、肝斑用内服薬もご用意しております。

  • 老人性色素斑

    紫外線が原因でできるシミです。メラニンの増加と肌のターンオーバー(新陳代謝)が滞ることにより発症します。メラニンはターンオーバーが正常に行われていると排出されます。しかし、紫外線による過剰増加や肌のターンオーバーの滞りにより排出されなくなると、メラニンが肌に沈着し老人性色素斑ができる可能性があります。
    当院では、ピコトーニングまたは、IPLフォトフェイシャルをおすすめしております。両方とも当日からお化粧をしていただけます。

  • そばかす(雀卵斑)

    目の下から頬に現れる1~4ミリ程の広範囲に散らばる小さなシミです。幼少期に現れることが多く、紫外線が強くなる春から夏にかけて色が濃くなるという特徴があります。遺伝により発症することが多く、思春期をピークに薄れていく傾向があります。
    当院では、ピコトーニングまたは、IPLフォトフェイシャルをおすすめしております。両方とも当日からお化粧をしていただけます。

  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

    こめかみや頬、下瞼に20歳前後からできる褐色の斑点状のシミです。グレーからお青みを帯び境界がぼんやりとしたシミで、そばかすや肝斑と似ているため、大きさや色、症状の現れた場所や時期などで総合的に判断していきます。
    当院では、ピコレーザーをおすすめしております。

contactご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-6709-2656
【診療時間】水曜~土曜11:00〜20:00
日曜11:00〜18:00