今までと違う…

今までと違う…

これまで入荷していたRF機器をいつものように入荷チェック。

ん? 画面のデザインは今までと同じ。しかし初期画面のアクセス方法が変わったな…

選択A:気にせずそのままチェックを続行

選択B:気になるから制御用ソフトウエアと機械内部を調べてみる

もちろん選択はB!(調べないと釈然としない)

制御ソフトウエアバージョンが新しくなっている。 何故?

機械内部を調べるため外装カバーを取り外す。

どれどれ、中はどうなっているのかな…?

!?基盤が全部変更されている!

エネルギーの出力を調べるか…

人体の代わりになる素材を接続。

オシロスコープ接続。

メンテナンスメニューで電圧を設定。

オシロスコープの波形と電圧(実効値)を調べる。

電流プローブで電流量を調べる。

今までと違う。

メーカーに問い合わせると、今までと仕様は全く変わりません。

よく言うよ…

しかも全部バレてるし…

結局、エネルギー出力全域を調査した。

エネルギー出力の上昇特性が違う。

電圧と電流量も微妙に異なる。

結局、これまで出荷した機械とエネルギー特性が等しくなるように再調整。

メーカーは購入者に連絡もなくメーカーの都合で機器の構成部品や性能特性を変更します。

そして、都合のよくないことは大人の事情で秘密にしたがります。

今までと違う… 気付くか?気付かないか?

エンジニアの飽くなき探求…(知りたい欲求)でした。