Director's Blog院長ブログ

おでこハイフ(HIFU)は効かない ウルセラは意味なし

東京美容医療クリニックでは額に対しては、ハイフ(HIFU)治療は行なっておりません。

私自身、額に対するHIFUはあまり意味がないと考えています。

額は、年齢を重ねるとともに、痩せていくものです。なので、むしろ注入によってボリュームを出したいものであって、

ハイフのように熱で皮下組織を縮ませるのは、まず方向性としてズレていると考えています。

さらに、額は骨までの距離が近い部位です。そのため、痛みが強い。

さらに、HIFUを骨に対して、垂直に照射せざるを得ないため、

ハンドピースとひたいの頭蓋骨の間で、定型波が形成されると、照射時間がごく短時間でも、マイクロバブルが生じることがあります。

マイクロバブルが形成されると、キャビテーションが起こり一瞬にして火傷になります。

これは、確率の問題で、100%の回避はできません。

 

HIFUの照射には向かない部位です。

3mmだろうと、1.5mmだろうと、超音波のエネルギーはの多くが骨まで到達してしまうため、

激しい痛みを伴います。

この激しい痛みというのは、本当にとてもとても我慢できるものではないほど激痛なんです。

 

骨に近い部位というのは、理論的に、超音波もサーマクールのようなRFも

向かないのです。

よく、ウルセラを照射した後に、額にハリがでるというのを聞きますが、

それ、腫れてるだけですから。

ひたいの治療はやはり、ボトックス注射、ヒアルロン酸注入、眉下切開がダウンタイムも短く

非常に良い結果をもたらします。

HIFUというのはあくまでも、治療していく上での引き出しの一つであるべきで、

本来不向きな治療に無理やり使うべきではありません。

contactご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-6709-2656
【診療時間】火・水・金・土11:00〜20:00
木曜11:00〜18:00