Director's Blog院長ブログ

日本で はびこる偽ピコレーザー

最近日本で、偽のピコレーザーがはびこっています。

picoレーザーと言ってるけど、内容はただのQスイッチヤグレーザーです。

 

有名な大手美容外科でも導入されてるし、知り合いの美容外科も導入しています。

もちろん現場の医師はそれがただのQスイッチヤグレーザーとは気づいてないでしょう。

 

おそらく、それを販売している代理店も全然わかっていないでしょう。

レーザーの中の共振器を見たこともない業者が売っているんでしょう。

エンジニアもいないと思います。

どうですか?現場の先生。

アレ?このピコレーザーなんかQスイッチヤグと変わらないぞ?

ホワイトニングさせないとシミが取れないぞ?

それはピコの箱に入れた、ただのQスイッチヤグレーザーですよ。

ここで、その偽物のピコレーザーの名前を言うこともできますが、

余計なトラブルに巻き込まれたくないので、やめときます。

まあまあレーザーに詳しくないとピコレーザーとQスイッチレーザーを見分けることはできません。

騙されて、偽のピコレーザーを買ってしまったクリニックはもちろん被害者であるのは

間違い無いのですが、長期間に渡って、臨床で使用して、気づかない医師の方にも問題はあります。

中にはおそらく、疑問に思っている先生もいるでしょう。

Qスイッチヤグレーザーとピコレーザーの見分け方を説明します。

4つあります。

①レーザーアームがコリアンラボ社の 赤いレーザーアーム使ってる。

コリアンラボのレーザーアームは安くて高品質で、Qスイッチレーザーにかなり高いシェアで使われてます。

しかし、コリアンラボがpicoに対応したレーザーアームを作り始めたのは2018年初頭から。

しかも、問題が多く、販売台数はかなり少なく、コリアンラボのpicoレーザー用のアームは市場には

ほぼ出ていないはずです。

それ以前のは全部Qスイッチ用のレーザーアームです。

なので、赤いレーザーアームを搭載したピコレーザーはその地点でかなり怪しいです。と言うか

95パー黒です。

②ピコレーザーは1064nmで、最低出力でも空中でスパークを起こす。

これはオプティカルブレイクダウンと呼ばれる現象で、

レーザーによりプラズマが発生します。

エンジンの着火などで使用される現象ですが、

ピークパワーの高いピコレーザーなら、最低出力でもでますが、

ヤグレーザーの場合、出ない、もしくはかなり出力を上げないと出ません。

 

③パルス幅を計測する これは専用の機器がないとできません。

④共振器の箱を開けて中身を見る。 これも専門家がいないとわかりません。

 

これがレーザーによるブレイクダウンです。空中でスパークしているのがわかりますね。

 

これはピコレーザーだと最低出力でも出ますが、

ヤグレーザーだと、出ません。もしくはかなり出力あげないと出ません。

 

あれ?と思ったクリニックさん、どうしても自信がなければ、当院にご連絡ください。

営業時間後に、赴いて、レーザーをチェックします。

共振器を開けて検査します。

 

contactご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-6709-2656
【診療時間】火・水・金・土11:00〜20:00
木曜11:00〜18:00