instagram 相談 無料カウンセリング予約

FGF

FGF

hokuro

ほくろは専門的には後天性色素性母斑と呼ばれていて、保険適応で治療が可能です。ほくろの内部では皮膚の色素を作り出すような細胞によく似ている細胞が増殖していて、ほくろの治療では黒子の部分を除去した後に傷跡が目立たないようにする治療を行っています。

ほくろがある部分の皮膚や、その周囲の皮膚にレーザーを照射してほくろを除去していきます。

治療の間には局所麻酔を利用するので、痛みを感じることはありません。お顔のほくろでも傷跡を目立たせずに治療を受けることができるので、ほくろで悩まれている方は一度当院へご相談ください。

hokuro

hokuro

hokuro hokuro

FGF

ほくろの除去を行なった後にはぽっかりと穴が空いた様な状態になるのですが、この傷は徐々にふさがって行きます。傷が大きい場合には傷口を保護し、周りから目立たなくさせるテープを貼ることで傷口を保護し、傷跡が目立たない様に治療を行うことができます。

ほくろが取れる仕組み

hokuro hokuro hokuro hokuro

FGF

1度の治療で完全にとれますか?
ほくろの状態や体質によっては数回かかる場合や、数か月後に再発する場合があります。
治療後は痕が残りますか?目立ちますか?
レーザー除去の場合ほとんど目立たなくなります。 白くつるつるした感じになることもありますが、部位によってはほぼ分かりません。切除での除去の場合は施術後の経過が変わりますので診察時にご相談ください。
保険は使えますか?
ほくろの種類によって保険適応になる場合がございます。
(保険の場合は保険証のご提示と現金のみでのお支払いとなります)