instagram 相談 無料カウンセリング予約

invent

invent

invent

非線形第三高調波を利用したハイフ(HIFU)治療

今までのハイフ(HIFU)では周波数を高くすると、トランスデューサーは周波数に反比例して薄くしなければなりませんでした。

invent

しかしそれでは、トランスデューサーがすぐに壊れてしまうという欠点がありました。

invent

東京美容医療クリニックでは、東北大学工学部名誉教授の梅村晋一郎先生を顧問に迎えまして、東北大学工学部吉澤研究室と非線形第三高調波を利用した、高周波のハイフ(HIFU)治療について共同研究をしています。

invent

東京美容医療クリニックでは最新式の蓄熱式医療用のレーザーを使用しています。脱毛効果が早く強く、痛みが少ないのが特徴です。

invent

2017年は梅村先生にはアドバイザー的な形で指導していただいておりましたが、2018年からは正式に顧問及び、東北大学工学部とハイフについての共同研究、共同開発を始めました。

美容に特化した、高周波のハイフ(HIFU)の開発を目指しています。

invent

東京美容医療クリニックでは最新式の蓄熱式医療用のレーザーを使用しています。脱毛効果が早く強く、痛みが少ないのが特徴です。

経歴
1980年4月 - 2005年3月
株式会社日立製作所 中央研究所 研究員
研究員(1980-1989), 主任研究員(1989-2000), 主管研究員(2000-2005)
2005年4月 - 2006年12月
京都大学 医学部 保健学科 教授 教授(2005-2006)
1986年9月 - 1987年12月
イリノイ大学 電気および計算機工学科 客員准教授 客員准教授(1986-1987)
2007年1月
東北大学 工学部 教授 教授(2007-)

治療効率を高める集束超音波治療研究の第一人者。
音響キャビテーションは、超音波が生体を加熱する作用を促進させることで音響化学反応を引き起こします。このようなキャビテーションを、大振幅超音波パルスを用いて、治療目的ごとに発生させ、現在は腫瘍などを非観見的に治療する方法として臨床などにも用いられています。

東京美容医療クリニック×東北大学共同開発PDF

invent

共同開発1-1
共同開発1-2
共同開発2-1
共同開発2-2
共同開発3-1
共同開発3-2