日本製のIPLを作りたい。

本日は

深澤電工の深澤社長、

ユウナメディカル 大浜さん

ファルマ 神谷さん

エターナルプランニング 岡村さん

一同が当院のIPL(フォトフェイシャル)の治療器の見学にいらっしゃいました。

 

 

 

社長自ら ドライバーで開けて構造を見る。

これがものづくりのあるべき姿ですよ。

社長に高電圧電源を見せて説明。

 

 

お土産に深澤社長より 手洗い後の乾燥機いただきました。

クリニックに早速設置したいと思います。

ありがとうございました。

https://www.fd-kk.com

 

日本のものづくりは素晴らしい技術を持っています。

であるにもかかわらず、ほとんどの美容医療機器が海外製品であるのは

残念です。

低い品質の製品を、代理店マーケティング部がブランディングし

クリニックに高く売りつけているのが現実です。

当院は日本初のIPL治療器の製造、販売を目指していこうと思っております。

当院の強みは何と言っても、ハンドピースに組まれてるフィルターの精度です。

必ず、世界で一番日本人に適したIPLを作れると思います。

今後とも良い付き合いをしていきたいと思っております。