やっぱり手術が一番若返る。

10日前に眉下切開、レーザーメスによる目の下の皮膚切除 鼻の耳介軟骨移植

フェイスリフトをした方の写真です。

45歳から35歳にした自信があります。

若くなりたいという願望はみんな持っています。

しかし、その願望は実は2パターンあります。

例えば、45歳の女性がいるとします。

その場合

①同級生より若く見えたい。

②若い子に負けたくない。

の2パターンがあります。

①の場合であれば、レーザーや注射で事足りますが、

②の場合はメスを入れないとダメなことが多いです。

さて、この場合、若い子とは何歳の子を指すのでしょうか?

②の場合の人は現役で恋愛したい人が多く、恋愛対象になる人は40−50歳の男性です。

その場合、男性側の恋愛対象ゾーンは30ー40歳くらいの女性がメインでしょうから。

やはり、35くらいには見えないと、チャンスそのものが減ります。

ライバルは45歳ではなく、35歳なのです。

35歳に見えるようにするために!!

というゴールから逆算して、どういう施術かを考えた時には、

メスを使わない方針では、手も足も出ません。

メスを使わなければ、余った皮膚はどこにも行きません。

皮膚のあまった感が出るとどうしても40歳以上にしか見えませんから、

35歳とは勝負できません。

近くで見ると、小じわが目立つなぁとか、写真以上に男性は敏感です。

糸を入れて、注射でシワを伸ばしても、絶対に10歳も若返りません。

35歳には絶対勝てないし、パンパンな顔が好きな男はあまりいません。