ハイフのよくある勘違い アクリル板

ハイフ(HIFU)をアクリル板に照射しても出力の確認はできません。

あくまでも、振動子(トランスデューサー)の動きを確認することしかできません。

超音波照射の強さの参考には全くなりません。

なぜならアクリル板は、個体で超音波吸収が非常に高いので、

強く反応して当たり前なんです。

アクリル板で強く反応したからといって、出力が強いわけではありません。

弱い出力でも、アクリル板では強く反応します。

逆に、アクリル板であまり反応しないからといって、

ハイフに問題があるというわけでもありません。

照射の方向が上向きで、ハンドピース内の空気が照射の邪魔をしていることもあります。

もしくはアクリル板の深さと ハンドピースの焦点の深さがあってないだけです。

正しく、ハイフの出力を測定したい場合は、

ファントムと呼ばれるゲルシートを使用します。

もしくは廉価のゲルシート+熱感作シートを組み合わせます。